ヘルスツーリズム認証とは

ヘルスツーリズム認証についてご説明します

経済産業省「健康寿命延伸産業創出推進事業」における取り組み

少子高齢化や国民のストレス、メタボリックシンドロームなど増大する医療・介護需要に対し、公的保険サービスの充実への要請が大きい一方で、公的保険のみによりカバーすることは将来的に限界となる恐れが高くなっております。そのため、経済産業省は公的保険外の予防・健康管理関連の製品・サービスを提供する「健康寿命延伸産業」を創出し新産業を育成するとともに、医療費の適正化につなげ、国民の生活の質を向上させる一石三鳥の実現を目指し、「健康寿命延伸産業創出推進事業」を平成26年度からスタートさせ、経年事業としております。

ヘルスケアサービスに求められること

ヘルスケアサービスには、サービス提供側の人材や資金の確保、地域資源を活用したビジネスモデルの確立といった事業環境の整備やサービス品質の見える化が必要とされており、またサービスを受ける側には、そのサービスが安心安全であることの証やサービスを受けることによる心身の変化が求められています。

ヘルスツーリズム認証が寄与すること

こうした課題への解決策の一つが、ヘルスツーリズム認証です。第三者機関による認証審査は、ヘルスツーリズムプログラムの要件を満たした観光サービス商品を、広く社会へ「見える化」することができます。

ヘルスツーリズム認証のミッション

ヘルスツーリズムの健全な市場形成の基盤となり、良質なサービスの提供と消費に好循環をもたらす。

認証マークへの思い

ヘルスツーリズム認証マーク
旅の喜びとともに健康への気づきをもたらすヘルスケアサービス「ヘルスツーリズムプログラム」を認証するマークです。
健康をハートの形で表現しています。3つの色で構成されているハートには2つの意味があり、一つ目は、健康の3要素「運動・栄養・休養」、二つ目は、緑は山、水色は海、黄色は健康への道を意味しています。
健康をイメージしたハートの中に、旅行カバンを持った人物が歩くことで、ヘルスツーリズムプログラムを表現しています。
ヘルスツーリズムの要件を満たした観光商品を広く社会に「見える化」することで、健全な市場形成の基盤が普及していくように、旅をきっかけとして多くの人の健康につながるように、という願いが込められています。

運営組織

ヘルスツーリズム認証委員会は以下の3団体で運営しています。

特定非営利活動法人日本ヘルスツーリズム振興機構

ヘルスツーリズム認証委員会 事務局代表
特定非営利活動法人日本ヘルスツーリズム振興機構

ヘルスツーリズムに関わる研究・開発・啓蒙活動・人材育成等を行う団体

一般財団法人日本規格協会

一般財団法人日本規格協会

日本工業規格(JIS)や国際規格であるISO、サービス品質の標準化及び品質管理等を行う団体

一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構

一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構

スポーツツーリズムに関わる観光まちづくりや旅行商品化等を行う団体

トップへ戻る