ヘルスツーリズム認証とは

ヘルスツーリズム認証についてご説明します

ヘルスケアサービスの品質を「見える化」します

「人生100年時代」といわれ国民の健康への関心が高まるなか、国も健康寿命を延ばすための事業を推進し(※)、様々なヘルスケアサービスが提供されています。 観光産業や健康産業においても、健康をテーマとしたヘルスツーリズムは、次代のキーワードとして注目を集めています。一方、消費者側にとっては、そのサービスが安心安全に受けられ、信頼のおける品質であることが求められています。

そこでヘルスツーリズム認証委員会では、プログラム内容、および提供する事業者の取組体制において、「安心・安全への配慮」、「楽しみ・喜びといった情緒的価値の提供」「健康への気づきの促進」という3つの柱からヘルスケアサービスを評価・認証し、利用者がその品質を一目で分かるよう「見える化」いたします。 ヘルスツーリズム認証が旅行選びの新たなスタンダードとなり、旅による健康増進へのきっかけを生み出します。

※ヘルスツーリズム認証制度は、経済産業省「健康寿命延伸産業創出推進事業」の一環として誕生しました。

品質認証が、消費者にもプログラム提供者にもメリットをもたらします

消費者にとっては、新しい旅のスタイルとして楽しみが増え、非日常空間において品質を保証されたヘルスツーリズム認証プログラムを体験することで、健康に興味を持つきっかけとなったり、健康を維持・促進するための動機づけとなったりすることが期待できます。

ヘルスツーリズム認証プログラムを提供する側にとっては、サービスの品質保証となり、国内をはじめ健康志向の高い海外の旅行者にも有効なPRとなるほか、社員旅行や団体旅行に向けても新しいプランの提案が可能です。

また、認証マークによる品質保証は、事業者や、その地域におけるブランド価値の創造につながり、スタッフのモチベーションのアップや、サービスのさらなる向上が期待できます。

認証マークで旅の楽しみに付加価値をプラスします

ヘルスツーリズム認証マークは、安心安全なヘルスケアサービスを提供しているという証です。当運営組織では、旅を通して人々が、そして社会が健やかになるよう、ヘルスツーリズム認証の広い普及を目指しています。

ヘルスツーリズム認証のミッション

ヘルスツーリズムの健全な市場形成の基盤となり、良質なサービスの提供と消費に好循環をもたらします。

認証マークへの思い

ヘルスツーリズム認証マーク
旅の喜びとともに健康への気づきをもたらすヘルスケアサービス「ヘルスツーリズムプログラム」を認証するマークです。
健康をハートの形で表現しています。3つの色で構成されているハートには2つの意味があり、一つ目は、健康の3要素「運動・栄養・休養」、二つ目は、緑は山、水色は海、黄色は健康への道を意味しています。
健康をイメージしたハートの中に、旅行カバンを持った人物が歩くことで、ヘルスツーリズムプログラムを表現しています。
ヘルスツーリズムの要件を満たした観光商品を広く社会に「見える化」することで、健全な市場形成の基盤が普及していくように、旅をきっかけとして多くの人の健康につながるように、という願いが込められています。

運営組織

ヘルスツーリズム認証委員会は以下の3団体で運営しています。

特定非営利活動法人日本ヘルスツーリズム振興機構

ヘルスツーリズム認証委員会 事務局代表
特定非営利活動法人日本ヘルスツーリズム振興機構

ヘルスツーリズムに関わる研究・開発・啓蒙活動・人材育成等を行う団体

一般財団法人日本規格協会

一般財団法人日本規格協会

日本工業規格(JIS)や国際規格であるISO、サービス品質の標準化及び品質管理等を行う団体

一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構

一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構

スポーツツーリズムに関わる観光まちづくりや旅行商品化等を行う団体

トップへ戻る